その修理、火災保険が適用できるかも?リペア補修に保険が適用できる条件や申請手順をご紹介

皆さんこんにちは、神奈川県相模原市を拠点に神奈川県・東京都の関東エリアを中心として、住宅の「リペア」を手掛ける株式会社「アールペア」です。


尋常ではない猛暑で体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

心配なのは暑さだけではありません。地球温暖化の影響で大雨などの自然災害が激甚化し、またこれからの時期は台風も心配です。


このような台風や豪雨のような天災の後に心配になるのが雨漏りや浸水。

そんな時に知っておきたいのが、火災保険の存在です。

火災保険って火事の場合にしか適用されないのでは?と思っていらしたら、ぜひこの記事をご一読ください。

火災保険は台風・大雨被害など自然災害によるダメージの補修・リフォームに適用できるだけでなく、うっかりタバコでフローリングを焦がしてしまったり、家具を動かしてついてしまったキズにも適用できるのです。


今回は火災保険を適用できる条件や申請手順についてご紹介します。




■火災保険ってどういう保険?



そもそも住宅の火災保険は、火事のみならず強風、大雨、洪水、高潮、波浪などの風水害や雪害、落雷などの自然災害で被害を受けた場合でも、補償対象となります。


失火や貰い火による破損・消失はもちろん、暴風や落雷で屋根材が破損したり、強風時の飛来物で窓ガラスが割れてしまった、門や塀・車庫などが損壊したといった場合にも適用されます。


また破損箇所から雨漏りして、室内の家具や家電製品・衣類といった家財類がダメになってしまったというケースもあるでしょう。

知っておきたいのは、火災保険は建物と家財、それぞれに補償金額が設定されているということ。


したがって建物本体だけに保険をかけている場合は、強風で飛散した窓ガラスや、床上浸水に対する床の張り替え・清掃、ダメージを受けた屋根の原状回復といったことが補償対象となります。


しかし保険が建物本体だけで家財にはかけていない場合、水浸しになって使えなくなった家具や電化製品、強風で倒れて破損したバイク・自転車などは補償対象とはなりません。


また自然災害といえども地震や噴火による被害や、明らかに経年劣化を放置していた箇所が破損したケースは対象外であることは心得ておきましょう。


そして補償を受けるには、修理が必要になって3年以内に火災保険の申請をしていること契約の免責金額を超えた被害額である必要があります。




■リペアに保険が適用されるケースはどんな時?



このように一般的に火災保険を使って修理するのは、自然災害により被害を受けた屋根や外構というケースが大半ですが、自然災害以外でも適用可能なケースもあるのです。


補償項目をチェックしてみてください。

「不測かつ突発的な事故」または「破損・汚損」という特約があれば、災害でなくとも補償を受けることができ、屋内のフローリングやドアのリペアも補償対象になるのです。


「不測かつ突発的な事故」と「破損・汚損」の違いは、呼び方くらいで、実質的に内容は同じ。保険証券にはいずれかの名前で記載されているのが一般的です。


「不測かつ突発的な事故」とは、故意にではなく、うっかり偶然に起こしてしまった事故により、キズをつけてしまったり壊してしまった場合のこと。

たとえば模様替えをしていたり家具を移動する際に、うっかりフローリングや建具を傷つけてしまった。

子どもが遊んでいて固いモノを落としてしまい、フローリングがえぐれてしまった。

タバコを落として焼け焦げができてしまった……という場合でも、保険が適用されるのです。


ただし自然災害と同様に、キズが経年劣化である場合には適用されません。また「不測かつ突発的な事故」「破損・汚損」はもともと保険に含まれておらずオプションとして加入する必要があるので、加入の際にうっかり外してしまい、補償を受けられないケースもあります。


そして「不測かつ突発的な事故」では特別に免責金(被保険者が自己負担しなければならない金額)が設定されていることもあることも留意しておきましょう。




■火災保険の申請、どうすればいい?



では実際に不慮の事故で、フローリングや建具にキズがついてしまった場合、どのような流れで保険を申請すればよいのでしょう。


まずは保険会社に連絡を。その際は、今一度、契約内容を確認してくださいね。

連絡をすると、約1〜2週間で保険金請求に必要な書類が届きます。


一方で、このキズが偶発的な事故で起きたことを証明する必要があります。

ただし自分の証言だけでは一般的に証明にならないので、第三者のプロに確認を依頼しましょう。

リペア、特にフローリングの経験豊富な専門業者に証明してもらうことにより、保険会社からの信頼性が高まります。

また業者には修理のための見積もりも出してもらいましょう。


そして保険会社に書類を提出。被害状況のわかる写真の添付も求められます。

書類提出後は、保険会社あるいは鑑定会社による現場調査が実施されます。保険会社から派遣された鑑定人が、被害助教の調査を行い、補償対象となるかを確認します。その場で決定は下されず、後日、書面で連絡が届きます。


保険適用が決定すると、保険金が指定の口座に振り込まれます。

お金が振り込まれたらリペアの専門業者と修理契約を結び、キズを直してもらいましょう。




■甘い言葉で営業する悪徳修理業者には注意!



気をつけたいのが、飛び込みの訪問業者。

高額な解約料を請求したり、無料と言いながら結局は申請代行料を請求するなど、全国の消費者センターや国民生活センターに数多くの相談が寄せられています。


応策としては、契約を迫られてもその場で即決せず、よく調べること。特に県外ナンバーの車の飛び込み営業は要注意しましょう。地元の顔の見える専門業者に依頼をするのが安全です。


訪問勧誘や電話勧誘などで契約してしまった場合は、契約書面を受け取った日から8日間はクーリング・オフによって契約を取り消すことができます。少しでも不審に思うことがあれば、お近くの消費生活センターに相談することをおすすめします。


※業者選びのポイント(https://www.r-pair.jp/blog/column/142420



アールペアは1年保証! リペアほか住まいのお悩み事はキズ1つからご相談ください!


相模原市に拠点を置く「アールペア」はリペア専門の会社で、これまで手掛けてきたリペアの実績は、2万件以上。1年間の保証体制を整えております。


今回ご紹介したフローリングやドアだけでなく、玄関扉や外構のタイルなど自然災害でダメージを受けた場合のリペアも対応可能。プロのプライドにかけて、キズがなかったようにキレイにお直ししますので、お気軽にお声がけくださいね!


施工事例はこちらから!

↓  ↓  ↓  ↓

https://www.r-pair.jp/works



【お得なお知らせ!】

****************************

アールペアでは、「かながわPay」をご利用いただけるようになりました。

最大3万円分のポイント還元あり!

今のうちにお得にお住いの修理・内装リフォームをしませんか?


かながわPayの詳細は、以下よりご覧ください。

https://kanagawapay.pref.kanagawa.jp/

****************************